オーバメヤンがアフリカ連盟の年間表彰式にTシャツ姿で出席 その理由とは…

ナイジェリアへの移動便で痛恨のロストバゲージ 現地で正装に着替えられず

 ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、アフリカサッカー連盟の2016年シーズンアウォーズの晴れ舞台に、受難の参加となってしまった。

 ナイジェリアの首都アブジャで行われた授賞式で、アフリカ年間最優秀選手にノミネートされていたオーバメヤンだが、胸にラメのフェラーリのロゴが輝く赤いTシャツとキャップ姿で式典に参加した。

 自身のインスタグラムを更新したオーバメヤンは、沈鬱な表情の写真を投稿。「アフリカ年間最優秀選手のセレモニーに到着した瞬間、我々の荷物はロストしてしまった。だから、今夜はこんな格好だ。ありがとう、ルフトハンザ」とのメッセージが書かれており、どうやらドイツ最大の航空会社ルフトハンザによるフライトで現地に到着したが、ロストバゲージに見舞われてしまい、用意していたはずの正装もどこかに行ってしまったようだ。

 これが災いしたのかは定かでないが、韋駄天ストライカーは投票により2位でフィニッシュ。それでもめげないオーバメヤンは、最優秀選手賞に輝いたレスターのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズとの2ショット写真をインスタグラムに投稿。マフレズのビシッと決めたタキシード姿と対照的なラフな姿を披露している。

「おめでとう、マフレズ。アフリカカップで会おう」と、母国ガボンで行われるアフリカネーションズカップでの健闘を誓うメッセージを出し、気持ちを切り替えていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

写真●※画像は選手公式インスタグラムからスクリーンショットしたものです

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング