森保ジャパンが「タイを完全に制圧」 破竹の9連勝に中国メディア羨望の眼差し「日本を見習うべき」

日本代表が後半に5ゴールで快勝【写真:Getty Images】
日本代表が後半に5ゴールで快勝【写真:Getty Images】

日本がタイに5-0で大勝

 森保一監督の率いる日本代表は、1月1日に史上初の元日開催となる国際親善試合でタイ代表と対戦し、5-0と快勝した。中国メディアは「タイを完全に制圧」と速報している。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 日本は0-0で前半を折り返し、ハーフタイムにMF伊藤涼太郎とMF奥抜侃志に代えてMF堂安律とMF中村敬斗を投入。すると攻撃が活性化して後半5分、堂安から伊東へのサイドチェンジが通るとMF田中碧が中央から進出。相手に当たりながら伊東からのラストパスが田中に通るとシュートを押し込み、2024年の日本代表初ゴールとなった。

 森保監督は後半23分に伊東に代えてMF南野拓実、DF森下龍矢に代え代表デビューのDF三浦颯太をピッチに送り込んだ。すると後半27分、厚みのある攻撃からMF佐野海舟がシュートを放つとGKが弾いたこぼれ球を中村が蹴り込んで追加点を挙げる。

 さらに、後半29分には堂安のコーナーキックをFW細谷真大が合わせたところから相手のオウンゴールが生まれた。また、ラスト10分を迎えるタイミングでDF菅原由勢と代表デビューのMF川村拓夢がピッチに立った。すると後半37分には右からボールに頭で合わせた川村が、GKに弾かれたボールを自ら押し込んでデビュー戦での代表初ゴールを決めた。

 後半アディショナルタイムには南野が決めた森保ジャパンは5-0で勝利し、24年を白星スタートとした。

 中国大手メディア「SOHU」は「日本が9連勝、合計39得点を記録。タイを完全に制圧した」と取り上げ、「日本がホームでタイに圧勝して公式戦9連勝。中国代表も日本を見習い、どのようなサッカーをするのかを考えるべきだ」と、自国の中国代表チームにも提言していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング