岡崎所属のレスターに待望の新戦力が加入! 移籍金21億円でナイジェリア代表MFと5年半契約

20歳の守備的MFエンディディの獲得で合意 22年までの長期契約も期待の高さを物語る

 レスター・シティは3日、KRCヘンクのナイジェリア代表MFウィルフレッド・エンディディの獲得で合意に達したと発表した。契約は5年半契約、背番号は「25」に決まった。

 昨夏にチェルシーへ移籍したフランス代表MFエンゴロ・カンテの穴を埋めきれずにいたレスターに待望の新戦力が加入する。中盤センターでスタメンを張るガーナ代表MFダニエル・アマーティはカンテほどの存在感を示すことはできず、夏に獲得した同じく守備的MFのMFナンパリス・メンディも怪我でピッチに立つ回数が少なかった。

 英衛星放送局「スカイ・スポーツ」によれば、移籍金は1500万ポンド(約21億6000万円)。2022年までという長期契約も期待の高さを物語っている。英国で必要な労働ビザも無事取得し、20歳の守備的MFは今週中に正式な契約を交わす予定となっている。

 エンディディは今季ヘンクでUEFAヨーロッパリーグに出場しているが、2月に再開するUEFAチャンピオンズリーグへの出場に問題はない。レスターは決勝トーナメント1回戦でMF清武弘嗣の所属するセビージャと対戦する。

 1月はアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、同FWイスラム・スリマニ、そしてアマーティがアフリカ・ネーションズカップ参戦のためにチームを離れるが、ナイジェリア代表は予選で敗退。同胞FWアーメド・ムサとともにチームに残ることが確定している。主力不在のなかでエンディディには即戦力としての働きが求められそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング