英代表前監督のアラダイス氏がクリスタル・パレス指揮官に就任 “スキャンダル解任”の汚名返上なるか

契約期間は2年半、昨季サンダーランドを残留させた実績を買われる

 プレミアリーグ17位と降格圏目前に沈むクリスタル・パレスは、アラン・パーデュー前監督の後任としてイングランド代表前指揮官のサム・アラダイス氏を招聘したと発表した。契約期間は2年半となる。

 クリスラル・パレスは成績不振から22日付でパーデュー前監督を更迭し、チーム再建を託す指揮官探しに動いていた。そして解任の翌日、過去に中田英寿氏もプレーしたボルトン、ニューカッスル、ウェストハム、サンダーランドなどプレミアクラブを歴任してきた実績を持つアラダイス氏に白羽の矢を立てた。

 “ビッグサム”の愛称で知られる61歳の老将は昨季、降格圏にいたサンダーランドを最終的に17位に浮上させ、残留を果たしていた。そして今夏の欧州選手権後にイングランド代表の監督に就任したが、FIFAなどが禁止している「第三者による選手の保有」規定を回避する指南役として、40万ポンド(約5800万円)の契約を結んだことが、英紙「テレグラフ」によるおとり取材で発覚。在任期間67日間、たった1試合の指揮でスピード退任を強いられていた。

 スキャンダルのイメージが強く残るが、その実績を高く買われた“ビックサム”は汚名返上となる機会を手にした。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ランキング