ドラクスラー、49億円での1月移籍は決定的 PSG合意報道のなかアーセナルが猛アタック

関係者がフランス紙に明かす 「彼がヴォルフスブルクでプレーすることはもうない」

 ヴォルフスブルクのドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーは、来年1月にヴォルフスブルクから移籍する可能性が高まっている。フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)移籍で合意と報じられるなか、プレミアリーグの強豪アーセナルも争奪戦に参戦。二者択一の状況となっていることが明らかになった。フランス地元紙「ル・パリジャン」が報じている。

 ドラクスラーは昨季シャルケから加入したばかりだが、今季開幕前とシーズン中に移籍志願を公言している。ドラクスラー自身とチームの不振の影響からサポーターからの支持を失い、チームも放出に踏み切る方針を打ち出している。

 PSG移籍が確定と報じられるなか、ドラクスラーの関係者はこう語ったという。

「何も決まっていない。ユリアンはPSGとアーセナルの間で悩んでいる。現時点で、彼は熟考している。数日間で決断することになる。間違いないことは、彼がヴォルフスブルクでプレーすることはもうないということだ」

 リーグ戦で2連敗と不振のアーセナルは、今季開幕前も獲得に乗り出したドイツのテクニシャンに2度目のアタックをかけているという。移籍金は4000万ユーロ(約49億円)に設定されているが、ドラクスラーはリーグアンとプレミアリーグのどちらを選ぶのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング