レアルの“控え10番”ハメスにチェルシーが接近? 移籍金110億円で獲得に動くか

オスカルを上海上港に91億円で売却し、ハメス獲得資金に?

 FIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)決勝進出を決めたレアル・マドリードだが、10番を背負うコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは控え扱いから脱せずにいる。それを受けて英紙「デイリー・ミラー」は、プレミアリーグ首位のチェルシーが今冬の移籍市場で7500万ポンド(約110億円)もの移籍金を投じて獲得に動くのではないかと報じている。

 ハメスは今季開幕前、ドイツ代表MFトニ・クロースやクロアチア代表MFルカ・モドリッチの存在により、レギュラー奪取は難しいと見られていた。その2人が負傷離脱した際にはチャンス到来かと見られたが、ジネディーヌ・ジダン監督が先発で重用したのはスペイン代表MFイスコで、ハメスは序列を覆すことはできなかった。

 同紙によると、ハメスはトップチームでレギュラーとしてプレーすることを希望しており、チェルシーが救いの手を差し伸べようとしているという。

 

page1 page2

トレンド

ランキング