中国からの爆買いオファーが届くサンチェス アーセナル愛を語るも…「残留はクラブの判断次第」 

本人が望むのは残留 「僕はこのクラブを愛し、スタッフも愛している。だけど…」

 アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは冬の移籍市場での去就が注目されているが、英衛星放送局「スカイ・スポーツ」の取材に応じ、「残留はクラブの判断次第」と話している。

 サンチェスは中国からの“爆買い”オファーが届いているとされるが、本人の希望はあくまでもアーセナル残留だという。

「今この瞬間、僕は次の試合に勝利することに集中している。僕はこのクラブを愛し、スタッフも愛している。だけど、交渉の最初の一歩を踏み出すのは、僕ではなくクラブなんだ。僕がここに残れるかどうかはクラブの判断次第だね」

 現地メディアでは、アーセン・ベンゲル監督の去就問題とも絡んで、サンチェスの残留交渉が難航していると報じられているが、サンチェスの発言からするとクラブ側のアクションを待っている状況のようだ。2018年6月に契約が切れるだけに、中国行きを断ったとしても来夏の移籍市場では残り1年の契約期間となり、移籍市場の目玉的な存在となる可能性も予想される。

「僕の夢は、アーセナルでプレミアリーグと(UEFA)チャンピオンズリーグに優勝することなんだ」

 アーセナル愛とタイトルへの意欲を語るサンチェスの思いは、クラブに届いているだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

ランキング