久保建英、守田英正との共演拒否? 「俺と撮らんでいいん?」に軽快切り返し「事務所NGです」

日本代表の久保建英(左)と守田英正【写真:徳原隆元】
日本代表の久保建英(左)と守田英正【写真:徳原隆元】

久保はチュニジア戦にスタメン出場して後半37分までプレー

 スペイン1部レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英は、10月17日にノエビアスタジアム神戸で行われたキリンチャレンジカップのチュニジア戦に先発出場し、チームの2-0勝利に貢献。試合後に自身のインスタグラムで応援に対して感謝の言葉を述べた一方で、MF守田英正(スポルティング)とのやりとりも繰り広げている。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 10月13日の国際親善試合カナダ戦(4-1)で出番のなかった久保は、17日のチュニジア戦でトップ下としてスタメン出場。ピッチ中央から左右のサイドまで幅広くポジションを取ってゴールを目指した。

 相手の堅い守備に苦戦していたなか、前半43分に久保が先制点を演出。縦にMF旗手怜央(セルティック)へパスを入れ、そこから抜け出したFW古橋亨梧(セルティック)につながり、先制ゴールを奪った。1-0の後半24分には左サイドでボールを受けた久保が相手DFを剥がし、ペナルティーエリア手前まで前進。ペナルティーエリア内ではMF守田英正(スポルティング)と、FW上田綺世(フェイエノールト)が潰れ役となり、フリーのMF伊東純也(スタッド・ランス)がダイレクトでゴールネットを揺らした。

 後半37分までのプレーで、チームトップのシュート3本を放った久保。試合後に更新したインスタグラムでは「連勝! 応援して下さったファン・サポーターの皆様ありがとうございました」と綴り、チュニジア戦の写真計7枚をアップした。

 これには、同じく先発出場したDF菅原由勢(AZアルクマール)が「勝ちフサ」とコメントすると、久保は「正解」と返答。チュニジア戦にフル出場した仲のいいMF守田英正(スポルティング)からの「俺と撮らんでいいん?」との書き込みには、「事務所NGです」と切り返していた。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング