リバプール遠藤パスから「なんてシュートだ!」 背面アングル映像の“衝撃”に海外震撼「馬鹿げてる」

リバプールのドミニク・ソボスライ【写真:ロイター】
リバプールのドミニク・ソボスライ【写真:ロイター】

MFドミニク・ソボスライのゴラッソ弾が話題

 イングランド1部リバプールは現地時間9月27日、カラバオカップ3回戦で2部レスター・シティと対戦し、3-1で勝利した。3得点が生まれたなかでも、ひと際注目を集めたのがMFドミニク・ソボスライの一撃だ。日本代表MF遠藤航のパスから右足を強振した一撃が大きな反響を呼んでいる。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 ソボスライの一撃が生まれたのは、1-1の同点で迎えた後半25分だった。遠藤が中盤でボールを拾うと、ペナルティーエリア手前にポジションを取っていたソボスライへ鋭い縦パスを供給。ぽっかりと空いたスペースでボールを受けたソボスライは右足を一閃すると、破壊力抜群のシュートをゴール左上に突き刺した。

 スピード、コースとも文句なしのゴラッソ弾が大きな反響を呼んだなか、クラブ公式SNS上では背面アングルから捉えた得点シーンを公開。右足でボールを強振すると、シュートはホップするように浮き上がり、ゴールネットを突き破るような勢いで枠内へ収まった光景が映されていた。

 衝撃的な一撃にファンからは改めて「恐ろしい」「馬鹿げてる」「なんてシュートだ!」といった驚きの声が続々。今夏新加入し、中盤の主力MFとして輝きを放つソボスライを、クラブの英雄で元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード氏と重ね合わせ「ジェラードの再来だ」と指摘する声まで上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング