ムヒタリアンが圧巻の50mドリブル弾! 「彼は最高の道を進んでいる」とモウリーニョも脱帽

マンUがルハンシクを2-0と破りEL32強進出 復活の名手が貴重な先制弾

 マンチェスター・ユナイテッドのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンは、現地時間8日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)のゾリャ・ルハンシク戦で圧巻の50メートル独走ゴールを決めるなど2-0の勝利に大きく貢献した。ジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、「彼は最高の道を進んでいる」と序盤戦は出番の少なかったアタッカーの復調を称えた。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

 ムヒタリアンは後半3分、ハーフウェーライン付近でボールを奪うと、そこからゴール前まで独走。エリア手前でプレッシャーに来た相手選手の股を抜く巧みなステップのドリブルでDF2人を一気に置き去りにすると、最後はGKとの1対1からシュートをゴール右へ冷静に流し込んだ。同43分にはFWズラタン・イブラヒモビッチが追加点を奪い、ユナイテッドは2-0で勝利。グループ2位の座を確保して決勝トーナメント進出を果たした。

 今夏、2630万ポンド(約37億6000万円)という高額な移籍金でドルトムントから加入したムヒタリアンは、負傷も重なって序盤戦は良いところがなかったが、復調したことで指揮官からの信頼も手にしたようだ。「彼は強いメンタリティーを持っている」と、ポルトガル人監督から絶賛されている。

「彼は適応に苦しんだが、強い決意で取り組んだ。彼は最高の道を進んでいる。フィジカル的にも、戦術的にも懸命に取り組んでいる。彼の才能は分かっている。彼は戦術的にもフィジカル的にも向上させようと戦ってきた。そして今はプレミアリーグ、ヨーロッパリーグ、リーグカップでいいプレーをしている」

 

page1 page2

ランキング