決勝PKを譲った鹿島FW 「俺でも決められた」と主張も金崎への信頼明かす 「あの人以外なら…」

鈴木が鹿島を王者に導く殊勲のPK奪取 自らキッカーに名乗り出るも…

 鹿島アントラーズがJリーグチャンピオンに輝いた決勝PKを巡っては、FW金崎夢生とFW鈴木優磨の間でリスペクトし合う関係があった。3日のJリーグチャンピオンシップ決勝第2戦で浦和レッズを2-1で破りアウェーゴールの差で王者の座を手にした鹿島は、そのままのスコアなら敗戦となる1-1の同点で迎えた後半34分に、金崎が決勝点となるPKを決めた。そして、そのPKを獲得したのが鈴木だった。

 リーグ最少失点を誇る浦和守備陣に、一瞬のエアポケットが生まれた瞬間だった。スルーパスに抜け出した鈴木がドリブルで持ち込むと、後方から追いかけてきた浦和DF槙野智章が鈴木を倒した。佐藤隆司レフェリーの笛が鳴り響き、PKの判定となった。この時、PKを獲得した鈴木は自らキッカーに名乗りを上げたという。

「PKは『譲った』というよりも『取られた』。頼むから蹴らしてくれと言われた。ああなると、絶対に譲らない。結構、1分ぐらい攻防はあったし、オレでも決められたと思う」

 鈴木はプライドを見せつつも、金崎がキッカーを主張した顛末をこう語った。最終的に絶大なプレッシャーの懸かるキックを金崎がゴール左に決めたが、自分でも決められたと悔しさのある言葉も口にした。

 それでも最終的にキッカーを譲ったのは、その相手が金崎だったからだという。

 

page1 page2

トレンド

ランキング