FIFA会長、なでしこジャパンへ異例の感謝表明 映像添えSNSで賛辞「史上最高のW杯になった」

FIFA会長がなでしこジャパンに感謝を表明【写真:ロイター】
FIFA会長がなでしこジャパンに感謝を表明【写真:ロイター】

インファンティーノ会長、8強敗退の日本代表女子&サポーターに言及

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、女子ワールドカップ(W杯)の準々決勝でスウェーデンに敗れ、ベスト8で大会を去った。16強までの4試合で14得点1失点と安定感を見せつけた日本。戦況に応じた柔軟な戦いぶりやファンの存在が注目を集めたなかで、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長がSNS上で感謝の意を綴った。

 日本は全勝のグループリーグ3試合(ザンビア戦/5-0、コスタリカ戦/2-0、スペイン戦/4-0)で11得点を奪い決勝トーナメントへ進出し、16強のノルウェー戦でも優位な試合展開で3-1と快勝。ボール保持、非保持の戦術を使い分けながら快進撃を続け、8強のスウェーデン戦前までは海外メディアから優勝候補に推されるなど世界から喝采を浴びた。

 すでに大会から姿を消したものの、なでしこジャパンが今大会で繰り広げた戦いぶりに対し、FIFAのインファンティーノ会長は自身のインスタグラム上で「準々決勝のスウェーデン戦では惜しくも敗戦に終わったが、今回の大会が史上最高のFIFA女子ワールドカップになったことへの貢献は、フィールド内外で誰もが忘れない」とメッセージを綴った。

 チームの戦いぶりはもちろん、試合後にスタンドを清掃する日本サポーターのマナーもハイライトの1つとなったことを受け「すべての選手、スタッフ、そしてもちろん素晴らしい模範を示してくれたファンに感謝する!」とも記し、敗退国に対して異例の感謝表明に。投稿にはチームのプレーシーンやサポーターの姿が収められた映像も添えられており、大会で日本が大きなインパクトを残したことを物語っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング