J3リーグでまさかの珍シーンが話題「なんだこれ」 GKがキック→味方ハンドでPK献上「なぜこんな単純なミスを…」

YS横浜が珍しいプレーでPKを相手に献上(写真はイメージです)【写真:高橋 学】
YS横浜が珍しいプレーでPKを相手に献上(写真はイメージです)【写真:高橋 学】

YS横浜が先制を許したPK献上シーンがSNSで話題に

 Y.S.C.C.横浜は6月18日、J3リーグ第14節アスルクラロ沼津戦に挑み1-3で敗戦した。この試合ではYS横浜が珍しいプレーでPKを相手に献上してしまっている。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 前半35分、YS横浜側のゴールキックのシーン。GK児玉潤がゴールエリアに一度置いたボールをグラウンダーで蹴って、傍にいたDF藤原拓也へ渡す。手でボールをキャッチした藤原がゴールキックを試みるも、ここで沼津側選手がハンドの反則ではないかと抗議する。

 山口隆平レフェリーも一度笛でプレーを止め、副審と協議。結果、児玉のキック時にインプレーになっていたとみなされ、山口レフェリーは藤原のハンドの反則を取って沼津にPKを与えた。まさかの形でPKを与えてしまったYS横浜。このPKで失点すると、沼津に計3点を奪われ1-3の敗戦となってしまった。

 このシーンはSNSでも反響を呼び、「なんだこれ…」「Jリーグ史上1番間抜けなPKなのでは」「主審もビックリ」「なぜこんな単純な判断ミスをしたのだろうか」「これはハンド」「小学校の体育かな?」とファンから驚きの声があがっている。

 意図せずハンドになってしまった珍しいシーンだったが、今もなおファンの注目を集めているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド