「PKじゃない理由が分からない」 横浜FM助っ人のスライディングブロック、ハンド疑惑で反響拡大

横浜FMのエドゥアルド【写真:Getty Images】
横浜FMのエドゥアルド【写真:Getty Images】

横浜FMのDFエドゥアルドのペナルティーエリア内でのプレーが話題に

 ガンバ大阪は、5月20日に行われたJ1リーグ第14節横浜F・マリノス戦で0-2と敗れた。リーグ5連敗を喫したなか、後半の横浜FMのDFエドゥアルドの“ハンド疑惑”の反響が拡大している。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 問題となったのは、横浜FMが1-0のリードで迎えた後半10分。G大阪のカウンターの場面で、FWイッサム・ジェバリがペナルティーエリアに侵入。左から中央へ折り返そうとしたボールを、横浜FMのDFエドゥアルドが懸命に戻ってブロックした。

 しかし、ボールはエドゥアルドの太ももに当たって腕にも当たったように見える。G大阪側はハンドの反則をアピールし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入もあったものの、最終的にノーハンド判定となった。

 G大阪は前節の浦和レッズ戦(1-3/G大阪敗戦)で、似たようなシーンを経験。G大阪DF福岡将太がスライディングでブロックした際の手に当たり、VAR介入の末にハンドでPK判定に。このPKを浦和に決められている。

 浦和戦の事象は、スポーツチャンネル「DAZN」で配信される判定検証番組「ジャッジリプレイ」でも取り上げられ、元国際審判員・プロフェッショナルレフェリーの家本政明氏がハンドは「仕方がない」と解説していた。

 そういった背景もあり、ツイッター上では「福岡選手がハンドならエドゥアルド選手のは余裕でハンド」「先週の福岡はハンドで今週のエドゥアルドはノーハンドって基準どうなっとん」「本当に謎」「PKじゃない理由が分からない」といった声のほか、「#ジャッジリプレイでとりあげて」を付けて検証を訴える投稿も多数寄せられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド