ミラン本田の今冬放出は不可避? 入れ替わりでレスター岡崎獲得の噂が急浮上

移籍金11億円で岡崎獲りに動くと伊メディアが報じる

 イタリアの名門ACミランで、日本代表FWが去り日本代表FWが加入する可能性が急浮上している。イタリア衛星放送局「スポーツメディアセット」は、冬の移籍市場でFW本田圭佑の移籍が現実味を帯びるなか、レスター・シティからFW岡崎慎司を獲得する動きを見せていると報じている。

 本田は今季のリーグ戦10試合で出場3試合、スタメン1試合とベンチが定位置と化している。25日の敵地ジェノア戦で開幕から10試合目にして初のスタメン出場のチャンスを掴んだものの、あまりにも低調なプレーによって現地メディアからは大酷評を受けた。2017年6月で満了する現行契約は延長されないことが濃厚とされ、移籍金を得る最後のチャンスになる今冬の移籍市場での放出が現実的だと報じられている。

 しかし、日本人選手が去るミランに、新たな日本人選手がやって来る可能性もあるようだ。ミランはレスターに対して1000万ユーロ(約11億円)の予算で岡崎の獲得に動こうとしているという。

 

page1 page2

トレンド

ランキング