ポカール16強のカードが決定! “香川対原口”、“酒井高対大迫”の日本人対決が実現

ドルトムント対ヘルタは昨季準決勝の再現 7チームが2部以下のチームに

 DFBポカールは26日に、2回戦全ての日程が終了。前年王者のバイエルン・ミュンヘンなどが順当に勝ち抜き、ベスト16の対戦カードも決定した。

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、2回戦で2部ウニオン・ベルリンをPK戦の末に下した。次なる対戦相手は日本代表FW原口元気を擁するヘルタ・ベルリンに決まり、2試合続けて首都ベルリンを本拠地とするクラブとホームで激突することになった。両者は昨季も準決勝で対戦し、ドルトムントが3-0で勝利している。

 前回王者のバイエルンは、ホームで2シーズン前の王者ヴォルフスブルクと対戦する。DF酒井高徳所属のハンブルガーSVとFW大迫勇也の所属するケルンが対戦するほか、MF長谷部誠所属のフランクフルトはハノーバー、DF内田篤人のシャルケはザントハウゼンと、それぞれ2部のチームと敵地で対戦する。

 16チーム中7クラブが、下部リーグ所属クラブとなった。3回戦は来年2月7日と8日に行われる予定だ。対戦カードは以下の通り(左がホーム)。

ドルトムント vs ヘルタ・ベルリン

ハンブルガーSV vs ケルン

シュポルトフロインデ・ロッテ(3部) vs 1860ミュンヘン(2部)

ザントハウゼン(2部) vs シャルケ

ハノーバー(2部) vs フランクフルト

バイエルン vs ヴォルフスブルク

グロイター・フュルト(2部) vs ボルシアMG

ヴァルドルフ(4部) vs ビーレフェルト(2部)

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング