「今まで見たことがない」 イングランド代表名手が明かすブライトン三笘のリアル評

アダム・ララーナが同僚・三笘薫を絶賛【写真:Getty Images】
アダム・ララーナが同僚・三笘薫を絶賛【写真:Getty Images】

【英国発コラム】日本代表選手4人と縁がある稀有なイングランド人フットボーラー

 当時の日本代表FWだった西澤明訓がボルトン・ワンダラーズに移籍した2001-02シーズン以来、今季でプレミアリーグを取材し始めて22シーズン目となった。基本的に日本人選手を追ってきたが、それだけ長く取材していると中には顔見知りになったイギリス人選手もいる。

 イングランド代表MFアダム・ララーナはその1人。なぜなら、彼は所属する先々で日本代表選手と“遭遇”してしまうからだ。

 まずは12歳でユースに加入したサウサンプトン。2012年1月にFW李忠成(アルビレックス新潟シンガポール)が移籍し、同年8月にはDF吉田麻也(シャルケ)が続いて、日本人選手2人とチームメイトになった。

 続いて2014年に移籍したリバプールでは、19年1月に加入したMF南野拓実(ASモナコ)とプレー。さらに20年夏に移籍したブライトンで今度はMF三笘薫と共闘することになった。所属したプレミアリーグ3クラブすべてで、計4人もの日本人選手との出会いを引き当てたララーナはまさに稀有な存在だ。

 しかもララーナは、イングランド代表キャップも34を数える名選手である。サウサンプトンに加入したての頃の吉田は、新たにチームメイトとなった選手の中でも特にララーナのことを「本当に上手い。素晴らしい」と語っていた。トレーニング場で目の当たりにしたイングランド代表MFの“テクニシャンぶり”に惚れ惚れとしていたのだ。

 またララーナは技術が卓越しているだけでなく、20代の頃はフィットネスの高さも抜群だった。ユルゲン・クロップ監督がリバプールの指揮官に就任した直後の初練習で「このなかで一番フィットしている(体力があるのは)誰だ?」と聞いたら、選手たちは口を揃えて「アダム(・ララーナ)」と答えたという。それを聞いた新任のクロップ監督は、「それではまず全員が彼(ララーナ)のレベルまでフィットネスを上げてくれ」と告げたのは有名な話だ。

 しかし32歳にもなると、故障の影響も加わって90分間ピッチを縦横無尽に駆け抜けた自慢のフィットネスはかげりを見せ、結果的にリバプールを去ることになった。けれどもブライトンに移籍すると、ララーナはその類い稀な技術を生かして職人的なトップ下の選手に生まれ変わり、見事に“再生”している。

 そんな息の長いキャリアを送り、日本人選手4人を知るララーナにぜひ話を聞いてみたかったのだ。三笘薫という選手について――。

page1 page2 page3

森 昌利

もり・まさとし/1962年生まれ、福岡県出身。84年からフリーランスのライターとして活動し93年に渡英。当地で英国人女性と結婚後、定住した。ロンドン市内の出版社勤務を経て、98年から再びフリーランスに。01年、FW西澤明訓のボルトン加入をきっかけに報知新聞の英国通信員となり、プレミアリーグの取材を本格的に開始。英国人の視点を意識しながら、“サッカーの母国”イングランドの現状や魅力を日本に伝えている。

今、あなたにオススメ

トレンド