今冬リバプール加入FWガクポ、移籍巡る胸中を告白 マンU入りは「うまくいかなかった」

コーディ・ガクポが移籍の胸中を告白【写真:Getty Images】
コーディ・ガクポが移籍の胸中を告白【写真:Getty Images】

カタールW杯で株を一気に上げ、プレミア行きを果たす

 カタール・ワールドカップ(W杯)で活躍したオランダ代表FWコーディ・ガクポは今冬にオランダ1部PSVからイングランド1部リバプールへの移籍が決まった。一方で、同国1部マンチェスター・ユナイテッドからの関心が伝えられ、本人も“赤い悪魔”へ加入すると考えていたという。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 ガクポはオランダの名門PSVで2018年にトップチームデビュー。21年に行われた欧州選手権の本大会でオランダ代表デビューも飾り、近年注目のアタッカーとして台頭していた。カタールW杯では5試合で3得点を挙げた。

 大会終了後にはユルゲン・クロップ監督率いるリバプールへの移籍が決定。昨年の夏から移籍の噂が絶えなかったなかで、本人はリバプール以外のクラブに加入すると考えていたという。

「この夏は大変だった。とても激しい時期だったんだ。安定を求めていたんだけど、それは難しかった。マンチェスター・ユナイテッドに行くと思っていたけど、それもうまくいかなかった。そのあとにリーズ・ユナイテッドもやってきた。彼らもいいクラブだけど、本当に行くべきかを自問自答した。疑問があったままでは良くないからね」

 カタールW杯で株を一気に上げたガクポ。昨夏の時点では移籍に対する確信が持てず、決断を遅らせる結果となっていたようだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング