【W杯|読者評価】ベスト16で敗退の森保ジャパン、大会ワースト評価の選手は? “期待外れ”の2人へ厳しい声「動きが悪すぎる」

【写真:徳原隆元(FOOTBALL ZONE特派)】
【写真:徳原隆元(FOOTBALL ZONE特派)】

クロアチア戦で惜しくも敗退、南野と鎌田は無得点で大会を去る

 森保一監督率いる日本代表は現地時間12月5日、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でクロアチア代表と対戦。1-1の同点で延長戦を終え、ペナルティーキック(PK)戦の末に1-3と敗れた。初のベスト8へは届かなかった森保ジャパンに対し、「FOOTBALL ZONE」ではクロアチア戦で独自アンケート調査を実施。厳しい評価を与えられたのは、今大会調子が上がり切らなかった2人だった。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 MF鎌田大地は、森保一監督の下で鍵を握る選手として期待されていた1人だ。所属するドイツ1部フランクフルトでは好調を維持し、公式戦22試合で12ゴールを記録。その勢いをW杯本戦でも生かしたかったが、グループリーグ初戦のドイツ代表戦(2-1)である程度の活躍を見せたものの、続く第2戦コスタリカ代表戦(0-1)ではミスが散見。第3戦のスペイン代表戦(2-1)で69分間、決勝トーナメント1回戦クロアチア戦では75分間プレーしたが、目立った結果を残せなかった。

 読者からはクロアチア戦でのパフォーマンスに、「あれだけ出場して印象的な結果を残せなかった」「もっと世界に実力を示して欲しかった」と、失望感が露わに。大会前は好調ぶりが際立っていただけに、こうした声が上がるのも無理はないだろう。

 もう1人名前が挙がったのはMF南野拓実だ。代表のエースナンバーを背負い、現体制発足当初から主力を担ってきたが、W杯アジア最終予選では輝きを放てず、今夏に加入したASモナコでも適応に苦戦。調子が上がらないまま本大会を迎えた。

 グループリーグ3試合の合計プレータイムは23分。初戦のドイツ代表戦では鋭いクロスで同点ゴールに関与したものの、以降はインパクトを欠いた。クロアチア代表とのラウンド16ではPK戦の1番手を担うもキックを失敗。「仕事が出来ないまま終わってしまった印象」「PK1本目を外したのは痛かった」と厳しい声が寄せられている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド