【W杯】「信じられない光景」 日本のドイツ撃破に世界的レジェンドたちも衝撃「Subarashii desu!」

世界的な名手たちも驚きの反応を示している【写真:徳原隆元 (FOOTBALL ZONE特派)】
世界的な名手たちも驚きの反応を示している【写真:徳原隆元 (FOOTBALL ZONE特派)】

日本は優勝候補に2-1の逆転勝利 ファーディナンド氏らが反応

 日本代表は現地時間11月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)の初戦でドイツ代表と対戦。2-1の逆転勝利を収める大金星を飾った。優勝候補ドイツを撃破する番狂せに、サッカー界で活躍してきた世界的な名手たちも驚きの反応を示している。
 
 日本は前半、ドイツの可変的な3バックシステムに苦しめられ前半31分、ウイングバックの位置を取っていたDFダビド・ラウムのペナルティーエリア内への侵入に対し、GK権田修一が転倒させてしまいPKを献上。キッカーのMFイルカイ・ギュンドアンに決められ、先制点を奪われる。その後もドイツの猛攻に遭うも、1失点で前半を折り返した。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 後半開始からドイツの戦術に対応するべく、DF冨安健洋を投入し、3バックシステムへと変更。さらにMF三笘薫、FW浅野拓磨、MF南野拓実、MF堂安律とアタッカー陣を投入して勝負に出ると、同30分、左サイドからの三笘のスルーパスを受けた南野が折り返し、GKマヌエル・ノイアーが弾いたところを堂安が押し込んで同点弾を奪った。

 さらに後半38分、自陣でファウルを獲得。やや緩んだ対応を見せていたドイツの隙を逃さずにロングフィードを放り込むと、ペナルティーエリアでボールを受けた浅野がゴール右の角度のないところから強烈な右足のシュートを叩き込み、逆転に成功する。その後もドイツの反撃を抑え、優勝候補のドイツから勝ち点3を掴み取った。

 日本が起こした“ジャイアントキリング”に、サッカー界でその名を轟かせてた世界的なOBたちが反応。マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏は公式ツイッターで「Japan」のワードとともに驚きを表現する絵文字を投稿すると、リバプールなどで活躍した同FWピーター・クラウチ氏も「日本!!!信じられない光景だ」と興奮を露わにしていた。

 また、レスター・シティのレジェンドである同FWギャリー・リネカー氏は「Subarashii desu!」「Sugoi!」と日本語読みで偉業を称えていた。下馬評を覆すサプライズを起こした日本に、世界からも注目が集まっている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング