【W杯】「史上最も大きなショックの一つ」 サウジアラビアの“大金星”にFIFAも衝撃

逆転勝利を収めたサウジアラビア【写真:ロイター】
逆転勝利を収めたサウジアラビア【写真:ロイター】

アルゼンチンに先制されながら2-1の逆転勝利を収める

 ワールドカップ(W杯)の歴史上でも最も大きな番狂わせの一つといえそうだ。カタールW杯が大会3日目を迎え、現地時間11月22日に優勝候補のアルゼンチン代表とサウジアラビア代表が対戦。アルゼンチンがキャプテンのFWリオネル・メッシのゴールで先制したものの、後半に2得点を奪ったサウジアラビアが2-1で逆転勝利を収めた。

 サウジアラビアは前半から最終ラインを高く保つアグレッシブなスタイルで試合に臨んだ。前半10分にはファウルでPKを献上し、これをメッシに決められて先制を許したが、その後も果敢な姿勢でアルゼンチンに立ち向かった。

 すると0-1で迎えた後半3分、高い位置でボールを奪ってショートカウンターを仕掛け、FWサレハ・アルシェハリが同点ゴール。さらに同8分にはMFサレム・アルドサリのミドルシュートを決めて逆転。スタジアムを沸かせた。

 後半のアディショナルタイムにはDFヤシル・アルシャハラニが味方との接触でプレー続行不可能になるアクシデントもあったが、最後まで集中力を切らさない守備でリードを守り、2-1で逃げ切った。

 優勝候補にも挙げられるアルゼンチンからの勝利は多くのサッカーファンの予想を裏切るものとなっただろう。W杯の公式ツイッターアカウントが試合終了直後に「W杯史上最も大きなショックの一つ」と投稿した。カタール代表やイラン代表が初戦で敗れるなどアジア勢が苦戦していたなか、サウジアラビアが大きな驚きを提供した。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド