【W杯】サウジ、アルゼンチン撃破に仰天 元日本代表&実況も大興奮「凄いなこれは!」「波乱巻き起こる!歴史的勝利!」

逆転勝利のサウジアラビア【写真:ロイター】
逆転勝利のサウジアラビア【写真:ロイター】

槙野智章も「これがW杯ですね!」と絶賛

 カタール・ワールドカップ(W杯)は大会3日目を迎え、11月22日にアルゼンチン代表とサウジアラビア代表が対戦。前半にアルゼンチンがFWリオネル・メッシのPKで先制するも、後半に2得点を奪ったサウジアラビアが2-1で逆転勝利を収めた。「ABEMA」で解説を務めた元日本代表DF槙野智章(ヴィッセル神戸)も「凄いなこれは!」「これがW杯!」と興奮し、実況も「波乱巻き起こる!」と声を張り上げた。

 試合は開始10分、アルゼンチンがPKを獲得し、これをメッシがゴール左へ落ち着いて決めて先制した。後半に入るとサウジアラビアが躍動し、同3分にショートカウンターを仕掛け、FWサレハ・アルシェハリがエリア内左からファーサイドに流し込んで同点に追い付いた。さらに同8分、MFサレム・アルドサリが左斜め45度の位置から鮮やかなミドルシュートを沈めてサウジアラビアが逆転に成功した。

「ABEMA」で解説を務めた槙野は「いや凄いなこれは!」と反応し、「このゴールは執念ですよ」「これがW杯ですね!」と絶賛。さらに実況の山崎弘喜アナウンサー(テレビ朝日)は試合直後、「波乱巻き起こる! 歴史的勝利!」と声を張り上げた。

 下馬評ではアルゼンチン有利と見られた一戦。メッシの一撃で幸先良く先制したアルゼンチンにとってはまさかの黒星となり、サウジアラビアにとっては世界を驚かせる大金星となった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド