浦和MF関根、右足関節遊離体の手術で全治約6週間の見込み

関根貴大が手術を行った【写真:Getty Images】
関根貴大が手術を行った【写真:Getty Images】

10月12日の札幌戦では後半43分から途中出場

 J1浦和レッズは10月17日、MF関根貴大が右足関節遊離体の手術を同日に行い、全治は約6週間の見込みだと発表した。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 関根は今季30試合に出場して1ゴールを記録。10月12日に行われたJ1リーグ第27節・北海道コンサドーレ札幌戦(1-1)は後半43分からピッチに立っていた。

 浦和は今季残り2試合で10月29日に横浜Fマリノス、最終節の11月5日にはアビスパ福岡と対戦する。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド