大迫勇也、半端ない2発で“完全復活”宣言「やっと万全な状態でサッカーができる」 離脱中の悔しさも告白

G大阪戦で2ゴールを決めたFW大迫勇也【写真:Getty Images】
G大阪戦で2ゴールを決めたFW大迫勇也【写真:Getty Images】

後半途中から出場した大迫が2ゴール、G大阪に2-1逆転勝利

 ヴィッセル神戸が9月18日のJ1リーグ第30節でガンバ大阪と対戦。後半頭から途中出場したFW大迫勇也が2ゴールをマークし、戦線復帰した一戦で2-1の逆転勝利に大きく貢献した。試合後、「やっと万全な状態でサッカーができる」と喜びを露わにしている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 17位神戸と16位G大阪の一戦は、後半10分にFWレアンドロ・ペレイラの一撃でG大阪が先制。暗雲が立ちこめるなか、後半33分に相手エリア内で神戸FW武藤嘉紀が倒され、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のチェックを経てオンフィールドレビューを実施し、最終的にペナルティーキック(PK)の判定となった。

 大迫が決めて同点に追い付くと、後半アディショナルタイムにはG大阪のミスからカウンターを発動。相手ゴール前まで一気に攻め込むと、武藤のパスから大迫が右足を一閃し、逆転ゴールを叩き込んだ。

 8月18日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16の横浜F・マリノス戦以来となる出場となった大迫が2ゴールをマーク。残留争いを演じる神戸は暫定で13位に浮上し、G大阪は17位に転落した。

“半端ない2発”で喝采を浴びた大迫は、「長い間怪我して、やっと万全な状態でサッカーができるので、これからはチームの役に立てるようにもっと頑張りたいと思います。名古屋戦、FC東京戦とチームはいいサッカーをしていた。前半も雰囲気は良かったですし、このまま続ければ勝てると信じてました」と振り返る。

 後半から途中出場した大迫は、「前で起点になること、得点は常に求められる。そこだけを意識して、本当にゴールを取ることだけを考えてました。ヨッチがすごいナイスプレーをしてくれた。感謝したいですし、2点目もそうだし、2トップの関係で点が取れたと思います」と相棒の武藤に感謝しつつ、待望のゴールで指揮官の起用に応えた。

 チームは依然として残留争いの渦中にいるなか、「本当はFC東京戦に出る予定でしたけど前日に捻挫してしまって出れずに悔しい思いをしたので、今日はその分、チームを助けられるように頑張りました。相手どうこうではなく自分たち次第。自分たちにフォーカスを当てて、もう1回見つめ直してチャレンジしたい」と語った大迫。10月1日の次節アビスパ福岡戦に向けて兜の緒を締めていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」