冨安健洋と大迫勇也の復活は“ハラハラ”と隣り合わせ? 日本代表が見守らなければならない「61×24+アルファ」

日本代表DF冨安健洋とFW大迫勇也【写真:高橋 学】
日本代表DF冨安健洋とFW大迫勇也【写真:高橋 学】

【識者コラム】冨安と大迫がそれぞれ出場も手放しで喜べない現状

 冨安健洋がプレミアリーグで2試合連続出場して15分ずつプレーし、大迫勇也も8月に入ってからは先発復帰した。森保一監督も冨安には「良かった。このまま怪我なくコンディション上げていってもらいたい」、大迫には「彼のコンディションは上がってきていると思うし、上がってきているからこそ先発で試合に出られるようになっていると思っている」と安堵した様子を見せた。

 これで最終ラインと前線の不安材料が1つずつ減りそうだ……と喜べないのが、現状ではないだろうか。

 冨安に関しては日本代表の試合に出た最後の試合は2021年11月16日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第6戦アウェー・オマーン戦だった。その時から考えると9月のヨーロッパ遠征で復帰したとしても10か月ぶりの代表合流となる。

 冨安は2021年3月、ボローニャ時代に左ふくらはぎの筋肉を損傷し、アーセナルに移籍したあとの2021年12月には右ふくらはぎを故障する。2022年に入ってからも1月と2月にふくらはぎの怪我が再発。復帰を果たしたものの、5月には右のハムストリングを傷めて離脱を余儀なくされた。

 日本代表で絶対的な地位を確立したと思われていた冨安だったが、不在の間にほかの選手も台頭した。冨安が不参加だった2022年のW杯アジア最終予選4試合のうち、本大会出場が決定するまでは無失点。ホーム・中国戦、サウジアラビア戦は吉田麻也までも欠場したにもかかわらず、板倉滉、谷口彰悟の活躍で乗り切ったのだ。

 プレミアリーグのピッチに戻ってきたと言っても、ここまで負傷が長引いた選手ならしばらくの間は慎重な起用となるはず。そのなかで冨安のコンディションがW杯メンバー発表までに元に戻るか、予断を許さない。

 だが冨安は手応えを掴んでいるようだ。6月、日本代表の合宿に参加した際は「怪我はしていますけど、身体の使い方がいい方向に変わったのではないかとポジティブに捉えています」と怪我を振り返っていた。

 また、冨安を6月に招集した際、森保監督は「本人のコンディションを確認したい。代表活動の中で練習できる、試合もできるという見通しもある。どう彼をサポートしていくかメディカルの判断に従っていきたい」と期待を語った。結果的には冨安にリハビリを続けさせて起用はしなかったが、自分の手元でデータを集めることができたので、冨安の回復度合いについての情報は多く手に入れたことだろう。

 森保監督は8月24日からのヨーロッパ視察で訪問したい国として「ドイツ、オランダ、ベルギー、スイス、ポルトガル」などを挙げたが、イングランドについては言及しなかった。それは現時点で冨安の確認はもう必要ないということだろう。冨安についてはアーセナルで試合に出さえすれば、日本代表に招集されるのは間違いなさそうだ。

page1 page2 page3

森 雅史

もり・まさふみ/佐賀県出身。週刊専門誌を皮切りにサッカーを専門分野として数多くの雑誌・書籍に携わる。ロングスパンの丁寧な取材とインタビューを得意とし、取材対象も選手やチームスタッフにとどまらず幅広くカバー。2009年に本格的に独立し、11年には朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の平壌で開催された日本代表戦を取材した。「日本蹴球合同会社」の代表を務め、「みんなのごはん」「J論プレミアム」などで連載中。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」