「自分の弱さに気づいた」 ユーティリティーの中山雄太が遠藤航に相談、「どこで勝負したらいいですか?」へのアドバイスに刺激

中山雄太がカタールW杯に懸ける思いとは【写真:(C) AbemaTV,Inc.】
中山雄太がカタールW杯に懸ける思いとは【写真:(C) AbemaTV,Inc.】

「ABEMA」が中山雄太の独占インタビューを配信

 2022年カタール・ワールドカップ(W杯)全試合を生中継する「ABEMA」が、W杯開幕前の想いを激白する新番組「サッカー日本代表独占インタビュー THE VOICE」を8月24日に放送した。

 第7回の放送では、MF板倉滉(ボルシアMG)と中山雄太(ハダースフィールド・タウンFC)が登場。中山は独占インタビューで、これまでのサッカー人生やW杯出場に懸ける想いを明かした。

 これまで各年代の日本代表に招集され、キャプテンも務めてきたユーティリティーの中山。その期待とは裏腹にカタールW杯アジア最終予選で先発出場した試合はわずか1試合で、ベテランのDF長友佑都(FC東京)がライバルとして立ちはだかった。

 中山は長友の存在について、「超えなきゃいけない存在というか、突き放していかなきゃいけない存在」と敢えて強い言葉を使いつつ、「今までにいなかったサイドバックの選手になる」と並々ならぬ想いを語った。

 中山は複数ポジションをこなすことができたため、これまで最適なポジションを模索してきた。そんななか、中盤の要である遠藤航(シュツットガルト)に「どこで勝負したらいいですかね?」と尋ねると、「今は試合に出ることが大事。現状を頑張れなきゃ、1つのポジションも勝ち獲れない」とアドバイスを受けたという。

「1つのことに全力を注げない自分の弱さに気付いた」

 最後に中山はW杯について、「W杯優勝という目標を掲げて、全試合スタメンで活躍したい」と意気込みを語っていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」