福岡×川崎の一発レッドは妥当? 日本代表OB「当然」、家本政明氏はレフェリー目線分析「どちらとも言えない」

福岡DFドウグラス・グローリの退場シーンに注目【写真:Getty Images】
福岡DFドウグラス・グローリの退場シーンに注目【写真:Getty Images】

DAZNの判定検証番組「Jリーグジャッジリプレイ」でPK判定のシーンを深掘り

 スポーツチャンネル「DAZN」の判定検証番組「Jリーグジャッジリプレイ」で、8月20日のJ1リーグ第26節のアビスパ福岡対川崎フロンターレ(1-4)のワンシーンをピックアップ。福岡DFドウグラス・グローリがPKを献上して一発退場となった場面について、9月3日のJ1鹿島アントラーズ対浦和レッズ戦で「家本政明LABO」というオンライン同時視聴イベントを開催する元プロフェッショナルレフェリーの家本政明氏は「どちらとも言えないなというのが僕の印象」とレフェリー目線の分析を加えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 該当のシーンは、川崎が3-1とリードして迎えた後半23分だ。FW家長昭博からの浮き球パスを受けたFW遠野大弥は、背後に相手を背負ったままダイレクトで浮き球トラップを披露。トラップと同時にターンという高難度の美技で相手DFグローリを翻弄すると、突破を阻止したグローリが手を出して遠野を倒し、これがPKの判定となった。

 ここで清水勇人主審がコミュニケーションシステムを使って交信し、最終的にDOGSO(通称ドグソ/Denying an Obvious Goal-Scoring Opportunity/決定的な得点機会の阻止)に該当するプレーと判断してグローリへレッドカードを提示。PK、退場、出場停止という三重罰となった。

 平畠啓史氏は「DOGSOが致し方ない」と語れば、元日本代表FW水沼貴史氏も「PKで当然。最初のターンの時に手をかけて、抜け出した時にもう1回手をかけている。明らかに止めにいっているという判断」と2者が同一の見解を示す。

 家本氏は「レフェリーが下した決定からするとDOGSOなのは仕方ない」と語り、自陣エリア内で「やってはいけない(プレー)」としながらも、ファウルではない可能性についてもレフェリー目線で考察。ポイントは大きく分けて3つあるという。

「(グローリの)左手の加減がどの程度、遠野選手に影響を与えたか」
「(遠野の)左足のコンタクトがあったのか」
「コンタクトがなかったとするならば、(遠野は)なぜ左足が前につけたはずなのに、ややダイブ気味だったのか」
 
 家本氏は「(遠野の)肩口に手はかかっているが、引き倒すとか押すとか持ち続けるというような、反則が生まれるような力を使っている要素が見受けられない。逆に遠野選手の足の運びを見ていると、本来なら左足をついてこのあとに右足が運ばれるはずなんですけど、ここを運ばずに足を地面の方向にぶつける。左足のコンタクトがあったのかというと、ないようには見える。コンタクトがあればああいう倒れ方になるのは理解できる」と見解を口にし、最終的にはノーファウルの可能性もあり得るシーンと続けた。

「ちょっと、どちらとも言えないなというのが僕の印象。なので、トータルで言うと、ややノット・ファウル。とするならばファウルじゃないので、DOGSOに値しないという見方もできる」

 DOGSO以外の可能性と見方も提示した家本氏。9月3日のJ1鹿島対浦和戦で「家本政明LABO」というオンライン同時視聴イベントを開催するなか、そこでもレフェリー目線の独自解説に注目が集まる。

■オンライン配信イベント
「家本政明ぶっちゃけLABO」

元プロフェッショナルレフェリー家本氏が独自のレフェリー視点でリアルタイム解説!
参加者の意見・質問に家本氏が「忖度ゼロ、NGゼロ」のぶっちゃけ回答!

【オンライン配信イベントの対象試合】
9月3日(土) 18時キックオフ
J1リーグ第28節
鹿島アントラーズ vs 浦和レッズ

【オンライン配信イベントの開催日時】
9月3日(土) 17時55分からライブ配信

【オンライン配信イベント&参加チケットの詳細】
https://iemotolabo.base.shop/items/65970684

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」