乾貴士が清水に“ぴったり”な訳 ウィークポイント解消へ期待大、チームを変え得る“加入効果”とは?

清水に加入したMF乾貴士【写真:FOOTBALL ZONE編集部】
清水に加入したMF乾貴士【写真:FOOTBALL ZONE編集部】

【J番記者コラム】34歳・元日本代表MF乾貴士の加入にフォーカス

 J1リーグ残り12試合となった時点で自動降格圏内の17位に沈んでいる清水エスパルスは、4季連続となるシーズン途中での監督交代を敢行。6月に就任したブラジル人のゼ・リカルド監督の下で立て直しを急いでいる一方、その一環として例年と同様に夏の戦力補強も積極的に進めている。

 とりわけ攻撃陣の強化が目立ち、FW北川航也(←SKラピード・ウィーン/オーストリア)、MFヤゴ・ピカチュウ(←フォルタレーザ/ブラジル)に続いて獲得した元日本代表MF乾貴士の存在が注目されている。

 ドイツやスペインのクラブを渡り歩いた経験豊富な34歳アタッカーの加入効果は大いに期待できる。その理由は、彼の特徴や武器が、清水が欲している要素と見事に合致しているからだ。

 清水の前線には、ここまで15試合でチームトップの7ゴールを決めているブラジル人FWチアゴ・サンタナが君臨。まずまずの決定力を発揮しているものの、シュート数は29本(1試合平均1.93本)と6位までの上位8人の中で最も少ない。決定率は24.1%と非常に高いため、彼がシュートを打てる状況をもっと増やせれば、得点ランクの上位に絡んでくる可能性も高くなる。

 そうした意味で不足していたのが、ファイナルサードで独力による突破ができ、決定的なラストパスも出せる選手だ。実際ここまでの戦いぶりを見ていても、カウンターからチャンスを作り出すシーンが目立つ反面、組織的な守備陣形を敷かれた途端に攻撃が手詰まりになっている。

 そこは残留争いのライバルチームに勝つためには重要な要素であり、“決定機を増やせる選手”として乾は大いに期待されているわけだ。乾の加入により、サンタナはもちろん、北川の存在もより生きてくるだろう。また、現在は負傷離脱中の20歳FW鈴木唯人とは、天才肌の選手同士で感覚が合うことも期待できる。

page1 page2

前島芳雄

まえしま・よしお/静岡県出身。スポーツ専門誌の編集者を経て、95年からフリーのスポーツライターに。現在は地元の藤枝市に拠点を置き、清水エスパルス、藤枝MYFC、ジュビロ磐田など静岡県内のサッカーチームを中心に取材。選手の特徴やチーム戦術をわかりやすく分析・解説することも得意分野のひとつ。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  7. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  8. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  9. 「めちゃかっこいい」 J1鳥栖“限定スニーカー”デザインに絶賛の声、NB社とコラボの1足「配色かわいい」

  10. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】