中村憲剛氏が驚き、レアル中井と再会で「更に大きくなってた」「4年前背は越されましたが」

中村憲剛とレアル・マドリードの下部組織でプレーするMF中井卓大【写真:Getty Images】
中村憲剛とレアル・マドリードの下部組織でプレーするMF中井卓大【写真:Getty Images】

中西哲生氏を交えてトレーニング

 元日本代表MF中村憲剛氏が自身の公式SNSを更新。スペイン1部の名門レアル・マドリードの下部組織フベニールA(U-19相当)に所属するMF中井卓大と再会したことを報告している。

 現在41歳の中村氏は、プロデビューから18年過ごした川崎フロンターレで現役引退。その後、川崎フロンターレリレーションズオーガナイザーや解説者、ロールモデルコーチ、登録制度改革本部の「JFA Growth Strategist(JFAグロース・ストラテジスト)」など、さまざまな役職で活躍の場を広げており、今年3月15日にJリーグ特任理事にも選任された。

 そんななか、中村氏は自身のツイッターとインスタグラムで「先日、哲生さんに呼んでいただき、4年ぶり?にピピこと中井卓大選手と再会しました」と綴り、元Jリーガーで中井のパーソナルトレーナーを務めてきた中西哲生氏を介して、約4年ぶりに再会したことを報告した。

「4年前の時点で既に背は越されてましたが(苦笑)、ひさしぶりに会ったピピは更に大きくなってました。一緒にパス&コントロールのトレーニングをしましたが、動作のスムーズさに何時間でもやれるなと思える気持ちよさでした。新シーズンも応援してます。頑張れピピ」

 2018年12月にも中西氏をまじえ、中井とボールを蹴っていた中村氏。当時、15歳で中学3年生だった中井はすでに178センチあり、自身(175センチ)は身長で抜かれてしまったこと、息子にとって中井が「アイドル」であることを明かしていた。投稿には、「#パスコン楽し過ぎた」「#息子のアイドル」「#父の株またしても上がる笑」とハッシュタグが添えられており、中井も「ありがとうございました。頑張ります」と活躍を誓っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド