浦和、サポーターがバス出入口“封鎖”で西川らと話し合い 土田SD「自分の責任である」

浦和サポーター(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】
浦和サポーター(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】

天皇杯・J2群馬戦に0-1で敗れた

 浦和レッズは6月22日、天皇杯3回戦でJ2ザスパクサツ群馬に0-1で敗れた。元浦和監督の大槻毅氏が率いる1カテゴリー下の相手に敗れた試合後、浦和サポーターは競技場である正田醤油スタジアム群馬のバス出入り口を封鎖した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和は前半からボールを持つ時間は長かったものの、相手の守備ブロックの前で回す時間が長くなり背後へは切り込めなかった。スタメン出場のFW江坂任は「6バック気味になるサイドの背後を取りたいと思ったけれども、前半はそこを攻略できなかった。ゲームの中で変えられれば良かったが、そこは自分たちの力不足だと思う」と、その苦しい状況を振り返った。

 そうしたなかで前半35分、浦和は敵陣で不用意な横パスでボールロストしたところから群馬の速攻を許した。一度は浦和が攻撃をストップしかかったが、こぼれた所に反応したFW高木彰人が右足で蹴り込んで0-1のビハインドを背負った。

 後半はMF関根貴大とMF大久保智明の左右を入れ替え、右利きを右サイド、左利きを左サイドに配置してアーリークロスを入れる回数が増えた。その中でクロスは味方に合いきらず、コーナーキックも後半だけで10本獲得したものの決めきれずジリジリとした展開を最後までこじ開けられずに敗戦した。

 試合後、浦和サポーターは競技場の浦和のチームバスが出入りする場所を封鎖した。土田尚史スポーツ・ダイレクター(SD)が対応し、トップチームの強化責任者として「自分の責任である」という言葉を投げかけたほか、主将のGK西川周作、副主将のうち試合に同行していたMF関根貴大、MF岩尾憲の3人も姿を見せ、代表して西川がサポーターと話し合いの時間を持った。

 最終的には試合終了から約2時間30分が経つ午後11時30分ごろにチームバスはさいたま市内へ向け出発。浦和の次戦は6月26日のリーグ戦、ヴィッセル神戸戦になる。敵地での試合になる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング