「筋肉の疲労で済んでもらいたい」 冨安、前節の途中交代にアーセナルOBが希望的観測

ウェストハム戦で途中交代となったDF冨安健洋【写真:ロイター】
ウェストハム戦で途中交代となったDF冨安健洋【写真:ロイター】

クラブOBのケビン・キャンベル氏は「それほど深刻でないといい」と軽傷を祈る

 イングランド1部アーセナルの日本代表DF冨安健洋は、現地時間5月1日に行われたプレミアリーグ第35節ウェストハム戦(2-1)で約3か月半ぶりの公式戦先発出場を果たしたが、ピッチに座り込んでしまう場面があり後半32分に途中交代を余儀なくされた。クラブOBのケビン・キャンベル氏は、重傷ではなく疲労によるものだと推測している。英メディア「Football Insider」が伝えた。

 今季新加入の冨安は第4節ノリッジ・シティ戦(1-0)でスタメンデビューを飾ると、そこから15試合連続で先発。文字通り不動のレギュラーとなった。冨安離脱後に代役を務めてきたポルトガル代表DFセドリック・ソアレスは特に攻撃面での貢献が光るが、守備の安定では日本代表DFに一日の長がある。

 トップ4入りに向けて1試合も落とせないこの終盤戦で怪我明けの冨安がスタメン起用されたことからもミケル・アルテタ監督の構想の中で冨安がファーストチョイスであることは明らかだが、ウェストハム戦では足の違和感を訴えて途中交代となるアクシデントに見舞われた。

 アルテタ監督は再び長期離脱となる心配はないと示唆したが、勝ち点2差の5位トッテナムとの対戦を5月12日に控える状況で、5月8日のプレミアリーグ第36節リーズ・ユナイテッド戦に起用できるかは気にかかるところだ。1988~95年にアーセナルでプレーしたイングランド人FWケビン・キャンベル氏は、冨安に関してこのように見解を述べている。

「おそらくトミヤスは疲労でピッチをあとにした。それだけ長くプレーしていなかったからね。彼はファイターであり、コンペティターだ。願わくは、筋肉のちょっとした疲労で済んでもらいところだ。しばらくプレーしていなかったし、それが理にかなっている。それほど深刻でないといいのだけどね。

 トミヤスはスピードを上げないといけない。ゆっくりゲームに戻るには十分な試合数がない。もちろん、状態が大丈夫でなければプレーしてはいけない。問題ないのならトッテナム戦が近づいており、我々は彼を必要としているので、リーズ戦で起用すべきだ」

 果たして、冨安は大事に至らず、リーズ戦、トッテナム戦のピッチに立てるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド