浦和シャルク、ACLの豪快“ニアぶち抜き弾”が話題 鋭いコースの一撃にファン「質が高い」「凄すぎ」

浦和FWシャルクが強烈弾を決めた【写真:ロイター】
浦和FWシャルクが強烈弾を決めた【写真:ロイター】

第2節でACLデビュー&2ゴールしたシャルクが重要な1戦で再び躍動

 J1浦和レッズは、4月27日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第5戦でライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール)と対戦。6-0と大勝したなか、新戦力のオランダ人FWアレックス・シャルクが決めた一撃に賛辞が寄せられている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和は前半14分、MFダヴィド・モーベルグのワンタッチパスに抜け出したDF馬渡和彰の強烈シュート先制する。その後も試合を優位に進めると同39分、ペナルティーエリア左手前でボールを持ったシャルクが、相手DFのスライディングタックルを上手く交わすと右足一閃。ニアサイドへ鋭いシュートが突き刺さった。

 この“ニアぶち抜き”のゴールシーンに対し、SNS上では「シャルクさんすげえ」「ゴラッソ」「エグくてわろた」「難しいの1人で決めちゃった」「質が高い」「凄すぎるんだけど」といった賛辞が続々。鋭いコースを突いた見事な一撃に、熱視線が注がれた。

 チームはその後、4点を加えて大勝。グループ第2節の山東泰山戦(5-0)では2ゴールをマークし、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出された浦和の新助っ人は、今大会を通じて徐々に存在感を高めている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング