ACL第2節“トップ5選手”、上位4人を日本勢が独占! 首位に輝いたベテランFWは?

川崎FW知念慶と浦和FWアレックス・シャルク【写真:(C) AFC】
川崎FW知念慶と浦和FWアレックス・シャルク【写真:(C) AFC】

ACL第2節で日本勢は3勝をマーク

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の第2戦が4月18日と同19日に行われ、日本勢は大会初戦を迎えたヴィッセル神戸を含む3勝をマークした。アジアサッカー連盟(AFC)公式ツイッターは第2節のトップ5選手を公開。上位4位まで日本勢が占める結果となった。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 第2戦の初日となった18日には、川崎フロンターレと浦和レッズが登場。ともに中国政府の“ゼロコロナ政策”の影響もあり、ユースチーム主体の実質的なリザーブチームで臨む中国勢との対戦になった。いずれも試合の主導権を完全に握ったうえでゴールラッシュを見せ、川崎は8-0で広州FCを下して、浦和は5-0で山東泰山に勝利。川崎は1勝1分とし、浦和は2連勝のスタートになった。

 2日目の19日には、上海のロックダウン政策により直前になって出場辞退した上海ポートFC(中国)との対戦がなくなったことで、この日程が初戦になった神戸が登場。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを欠くなか、傑志(香港)との対戦では、2-1で勝利し、初陣を飾った。一方で、初戦を勝利して全北との対戦に臨んだ横浜F・マリノスは0-1の敗戦を喫し、最終戦のリターンマッチまでに首位通過の望みをつなぐ結果が必要になった。

 日本勢の活躍が目立った第2節となったなか、AFC公式ツイッターは今節のトップ5プレーヤーを公開。上位4人が日本勢となった。5位はメルボルン・シティのFWマルコ・ティリオで8.6点を獲得。8.9点で4位となったのは2得点でパス数17の川崎FW知念慶となった。9.0点で3位に輝いたのはACLデビュー戦で2ゴール挙げた浦和FWアレックス・シャルク。鮮烈なデビューで上位に君臨した。

 2位にはこちらもACLデビュー戦となった浦和の安居海渡。大卒ルーキーはボランチで先発し、ミドルシュートを突き刺した。シャルクと同じ9.0点をたたき出している。

 そして、首位に輝いたのが川崎FW小林悠。2ゴール1アシスト、パス数24で勝利に貢献し、驚異の9.2点を獲得した。

 第3節も日本勢の活躍に期待が懸かる。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング