リバプール南野は「間違いなく去る」 公式戦3戦ベンチ外…英メディア「衰退を意味する」と去就指摘

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

FAカップ準決勝のシティ戦を含め、公式戦3試合続けてベンチ外に

 イングランド1部リバプールの日本代表FW南野拓実は、現地時間4月16日に行われたマンチェスター・シティとのFAカップ準決勝(3-2)でメンバーから外れ、これで公式戦3試合続けてベンチ外に。この状況を受け、英メディアは「間違いなくアンフィールドを去ることになる」と、今夏の去就を指摘している。

 2020年1月のリバプール加入後、3シーズン目を迎えた南野は今季、主に国内カップ戦で出番を掴み、FAカップで4試合3ゴール、リーグ杯では5試合4ゴールの成績をマーク。一方、プレミアリーグではここまで10試合の途中出場にとどまり、プレータイムは86分間となっている。

 ここ約1か月間はさらに出番を減らし、ピッチに立ったのは後半途中から出場した3月20日のFAカップ準々決勝ノッティンガム・フォレスト戦(1-0)の26分間のみ。そして今月10日のプレミアリーグ第32節シティ戦(2-2)、続く13日のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦ベンフィカ戦(3-3)、そして16日のFAカップ準決勝のシティ戦と、直近3試合はベンチ外となっている。

 そうしたなか、英メディア「HITC」はリバプールに在籍する選手の来季去就に注目。南野はベルギー代表FWディボック・オリギ、イングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンとともに退団の可能性がある3選手に指名され「間違いなくアンフィールドを去ることになる選手」と指摘している。

 その根拠がライバル・シティとのFAカップ準決勝でベンチ外になったことだとし、「これはマージーサイドでの衰退を意味するものである」と見解を示した。アタッカー陣の熾烈な序列争いで後塵を拝し、ついにはメンバー入りさえも果たせなくなった南野。今後の去就動向は、一段と注目を集めそうだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング