J1神戸、ロティーナ新監督の就任発表 Jリーグで4クラブ目の指揮、17位低迷チームの再建へ

神戸はミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督の就任を発表【写真:(C)VISSEL KOBE】
神戸はミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督の就任を発表【写真:(C)VISSEL KOBE】

Jリーグでは東京V、C大阪、清水での指揮官を歴任

 J1ヴィッセル神戸は4月8日、ミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督の就任を発表した。同クラブは三浦淳寛前監督を成績不振で解任後、スペイン人のリュイス・プラナグマ・ラモス暫定指揮官の下でリーグ戦を戦っていたなか、Jリーグでの指導経験を持つ智将に再建を託す決断を下した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 神戸は昨季、J1リーグ戦でクラブ最高の3位でフィニッシュしたが今季は開幕から白星を挙げられず、7試合を終えて4分3敗となった段階で2020年9月からトップチーム監督を務めてきた三浦監督との契約を解除。その後、ヤングプレイヤーデベロップメントコーチを務めていたリュイス氏を暫定監督に置きリーグ戦2試合を戦ったが、いずれも黒星に終わっていた。

 正式監督に迎えられた64歳のロティーナ氏は、エスパニョール、レアル・ソシエダ、デポルティボなど母国クラブの指揮官を歴任。日本では2017年以降、東京ヴェルディ、セレッソ大阪を指揮し、昨季は清水エスパルスの監督に迎えられたが、シーズン序盤から低空飛行が続き、残り4試合の終盤戦で契約解除となった。

 ロティーナ氏にとっては、Jリーグで4クラブ目の指揮。豊富な戦力を擁しながらも、ここまでリーグ戦未勝利(4分5敗)で、現在17位と苦しい戦いが続く神戸を浮上させられるかに注目が集まる。

 なお、暫定的に監督を務めていたリュイス氏は、これまで務めていたヤングプレイヤーデベロップメントコーチとして引き続きチーム強化にあたる。

【トップチーム新体制】
監督/ロティーナ (64)※新任
ヘッドコーチ:イヴァン パランコ氏(42)※新任
コーチ/菅原 智(45)
アシスタントコーチ/北本 久仁衛(40)
GKコーチ/アレックス(49)
ヤングプレイヤーデベロップメントコーチ/リュイス(41)
分析コーチ/吉村 俊希(31)
フィジカルコーチ/トニ・ヒル・プエルト(42)※新任
フィジカルコーチ/山崎 亨(53)
コンディショニングコーチ/梅木 暁(31)

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング