「なんで代表じゃないのか疑問」 磐田FW大津祐樹が“推し”のJリーガー激白「アタッカー陣で話題になる」

磐田でプレーするFW大津祐樹【写真:Getty Images】
磐田でプレーするFW大津祐樹【写真:Getty Images】

那須大亮氏のYouTubeチャンネルで「対峙してやばかった選手」に言及

 2004年のアテネ五輪でU-23日本代表のキャプテンを務めた那須大亮氏は、2020年元日の天皇杯決勝を最後に、惜しまれながらも18年間のJリーガー生活にピリオドを打ち、現在は動画共有サービス「YouTube」を通じてさまざまなサッカー界の情報を発信している。最新回ではジュビロ磐田FW大津祐樹、浦和レッズDF酒井宏樹のJリーガー2人を招き「対峙してやばかった選手」をテーマに展開されたなか、“推し”のJリーガーにも言及している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

“Jリーガー兼YouTuber”の先駆者である那須氏は、YouTubeチャンネルの登録者数が37万人を突破。高校や大学サッカー部への“体験入部”や現役JリーガーとのFK(フリーキック)対決など、企画色に富んだコンテンツを展開している。そんななか、最新回では「世界トップを知る酒井宏樹&大津祐樹の対峙してやばかった選手!」と題し、海外と国内で経験を積んできた2人へ、それぞれ衝撃を受けた選手を訊いている。

 那須氏は日本人選手の中でインパクトを受けた選手を問うと、大津は「これはもう一択ですね」とし、名古屋グランパスDF吉田豊を挙げている。これまで海外ではボルシアMG(ドイツ)、VVVフェンロ(オランダ)、国内においては柏レイソル、横浜F・マリノスで実績を残し、日本代表として国際Aマッチ2キャップを刻むアタッカーは、その理由についてさらにこう続けている。

「どのアタッカー陣と話しても、(吉田)一択しかない。プレッシャーの間隔とか本当にセンスがある。駆け引きの所もそうだし、上手いし(ボールを)持っても。あれは凄いっすね。もっと評価されても良い。なんで代表じゃないのか本当に疑問でしかない。使ってくれってみんな思ってますよ、吉田豊置いておけば絶対大丈夫だからと。これ本当にアタッカー陣と話していたら話題になります」

 現在32歳の吉田は、これまでヴァンフォーレ甲府、清水エスパルス、サガン鳥栖でキャリアを積んできたサイドバックで、球際に強く、豊富な運動量で攻守に渡り貢献できるプレーが売り。在籍4年目を迎えた名古屋では不動の地位を確立しており、元日本代表DF内田篤人氏も、昨年のルヴァンカップ決勝(名古屋対セレッソ大阪)を解説した際、「ああいう人に日の丸を背負ってほしい」と、日本代表へ推薦したほどだ。

 大津の評価に対し、那須氏も「間合いというか、詰め方が凄い」と賛同。吉田を支持する声は、選手の間で密かに挙がっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング