長友佑都、大迫&酒井の緊急離脱「残念」“大一番”豪州戦へ「強い、戦える雰囲気を作る」

日本代表DF長友佑都【写真:(C)JFA】
日本代表DF長友佑都【写真:(C)JFA】

大迫と酒井の離脱に言及「代わりに入った選手がしっかり戦ってくれると思う」

 日本代表DF長友佑都(FC東京)が3月20日のオンライン取材に対応。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア戦(24日)、ベトナム戦(29日)に向けてFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)が欠場する状況について「一緒に長い間戦ってきた仲間なので残念」と語った一方、「代わりに入った選手がしっかり戦ってくれると思う」と期待を込めた。

 今月19日、怪我の影響で大迫と酒井の離脱が発表され、FW林大地(シント=トロイデン)とDF中谷進之介(名古屋グランパス)が追加招集された。長友は「まず彼ら(大迫、酒井)が来られないことは、一緒に長い間戦ってきた仲間なので残念。ただ、前回もセンターバック2人がいなくて、皆さんも心配したと思う。それでも代わりに入った選手たちが素晴らしいパフォーマンスでチームも勝利を収めた。今回も問題なく、代わりに入った選手がしっかり戦ってくれると思う」と太鼓判を押した。

 また、自身のコンディションについては「調整は大丈夫です。1月の方がコンディションが難しかった。12月4日に最終戦でオフ、国内合宿も5日間で、45分の練習試合で予選だった。前回の方が断然、難しかった。それでもサウジ戦では体も動いた。今回は試合も90分やっている。全く問題ない」と強調している。

 左右のサイドバックに対応可能な長友は、「サイドバックとして求められること、発揮しなければいけないプレーは右も左も変わらない。ちょっと視野の部分、右利きというのもあってボールの置く位置は変わるけど、基本的に大きくは変わらない。ヨーロッパでも日本でも経験させてもらったことを生かすことや、監督の求める戦術を落とし込んでいるので」と、どちらのサイドでも準備は出来ているという。

 大迫、酒井と日本代表を長年支えた主力2人の欠場が直前で決まったなか、「全員が集まって練習できるのは、多分前日だけ。どれくらいものものを伝えられるか分からないけど、自分たちは行ける、強い、戦えるというポジティブな雰囲気、自信を持てるような雰囲気を作ることを意識してやっていきたい」と語り、2連戦に向けて気を引き締めていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング