「なんとも残念」 元ブラジル代表“皇帝”、スラム街で泥酔&お腹ぽっこりに海外驚愕「クレイジー」

かつてインテルで活躍したFWアドリアーノ【写真:Getty Images】
かつてインテルで活躍したFWアドリアーノ【写真:Getty Images】

泥酔映像に海外メディアも注目「ファンから心配の声が上がっている」

 かつてブラジル代表で活躍したFWアドリアーノが、母国のスラム街(ファベーラ)でバイクに乗り、泥酔している姿が話題を呼び、海外メディアは「ファンから心配の声が上がっている」と注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 母国のフラメンゴでプロデビューを飾り、2001年にインテルへ移籍。フィオレンティーナへの期限付き移籍を経て02年に加入したパルマでは元日本代表MF中田英寿とも共闘した。

 04年にインテルに復帰するとエースとして存在感を放ち、ブラジル代表でも通算48試合で26得点を記録。圧倒的なフィジカル、スピード、テクニックを誇り、全盛期には“皇帝”と称されたレフティーだが、無断欠席や規律違反などの素行不良が目立ち始めてからキャリアは下降線を辿ることになる。

 拡散している映像は、ビールを飲みながらバイクに乗り、ぽっこりとしたお腹を出して酔っ払っているアドリアーノの姿だ。英メディア「スポーツ・バイブル」は「アドリアーノの 泥酔映像が公開され、ファンから心配の声が上がっている」と報じた。

 記事ではアドリアーノの転機に言及。「父親の悲劇的な死後、彼はドラッグとアルコールに手を染め、パーティーの常連となり、最終的に彼のキャリアは終わった」と指摘し、「父が亡くなった時、孤独を感じ、酒を飲み始めたんだ」というアドリアーノのコメントも紹介している。

 近年、アドリアーノはリオのギャングとつながっているという話が持ち上がり、麻薬密売容疑で逮捕されたが、後に潔白が証明された。しかし、かつてピッチ上でファンの期待を背負い、ブラジルの大スターとして活躍した日々から一転、現在の姿に「これが皇帝アドリアーノの最新の姿」「なんとも残念だ」「サッカー史上最もクレイジーな話の1つ」とファンから心配の声が上がっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド