遠藤航&伊藤洋輝、低迷シュツットガルトに光明 残留争いへの“ポジティブな材料”とは?

遠藤ら中盤の連係がスムーズに、伊藤をはじめとする4バックも安定

 守備におけるバランスとはボールを持っている時のそれぞれのポジショニングから始まる。例えば遠藤らインサイドハーフが守備ラインまで下がってボールをもらいにくるべきなのかという点。下がってくると当然中盤から前のパスの受け手が減るので、パスの出しどころが少なくなる。一方でボールロスト時に自陣に残っている味方選手の数は増えるので対処はしやすくなる。

 それだけに、いつ、どんな状況で、何のために下がるのか。下がった場合の優先順位、下がらない場合の優先順位の違いを理解することが大切になる。

 その点において遠藤の、インサイドハーフというポジションでのボールのもらい方について、きちんと整理されてきているのはポジティブなことだろう。右サイドに遠藤が落ちてくる時は右SBに入るコンスタンティノス・マブロパノスが高めのポジション。逆にマブロパノスが下がってパスをもらおうとする時は、遠藤がハーフスペースで起点を作ろうとしている。そうした連係がスムーズになってきている。ボールロストから致命的なピンチという場面は大分ケアされるようになってきた。

 戦術的なポジショニングや動き方はそれぞれの選手の動きのバランスを整え、崩れないようにするための大切なもの。ただそうやって省エネすることも大事だが、それを上回る動きを見せることも必要だ。それぞれの選手が1.5倍ずつ走れたら攻撃の深みも守備の厚みも間違いなくアップする。

 守備でいうと伊藤をはじめとする4バックの連係が落ち着いてきているのもいい。伊藤の相手FWへの当たり方、当たったあとの対処の仕方には成長の跡を感じられるし、フィジカルで上回る相手に吹き飛ばされることがあっても、すぐに体勢を取り戻してボールを奪い返したりする。センターバックでコンビを組むウラジミール・アントンとの連係も試合を重ねるごとに良くなっている。

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング