遠藤航&伊藤洋輝、低迷シュツットガルトに光明 残留争いへの“ポジティブな材料”とは?

伊藤からどのようなタイミングでパスが送られるか

 そして伊藤からの縦パスは相変わらずリズムカルだ。シンプルに裏スペースに蹴り込んだり、ハーフスペースに仲間に当てたり、ワイドに開くソサに丁寧に預けたり。ボールをもってパスを出すまでの判断スピードは間違いなく上がっている。だから攻撃のリズムも作りやすい。

  チームとしては得点源として2メートルの長身FWカライジッチをどのように生かすのか、ソサがどこからどのようにクロスを放り込めるか、いい状況にいるソサに伊藤からどのようなタイミングでパスが送られるかに注目が集まる。

 マテラッツォ監督は「ピッチには11人の選手がいる。それぞれの選手がそれぞれの役割を100%理解して、パフォーマンスを発揮しないと、長所を生かすこともできない」と説明したうえで、特定の選手に依存するのは危険というメッセージを送っている。それは大切なことだが、だからといってこの左サイドからの強力なホットラインが武器になるのは間違いない。

ここからは争いを争うライバルとの直接対決も多い。取り戻した自信を胸に、シュツットガルトは駆け抜けることができるだろうか。遠藤と伊藤の活躍に期待が集まる。

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング