神戸FW武藤嘉紀、左膝靭帯損傷で戦線離脱へ 全治8~10週間と発表…J1第10節・横浜FM戦で負傷

神戸FW武藤嘉紀が負傷【写真:高橋 学】
神戸FW武藤嘉紀が負傷【写真:高橋 学】

左膝内側側副靭帯損傷と診断、開幕から未勝利のチームに痛手

 ヴィッセル神戸は3月7日、FW武藤嘉紀が左膝内側側副靭帯損傷と診断され、全治約8~10週間の見込みと発表した。同選手は3月2日のJ1リーグ第10節の横浜F・マリノス戦(0-2)で負傷していた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 今季開幕からフル出場を続けてきた武藤は横浜FM戦の前半15分、ゴール前でシュートを放った際、相手選手と接触。左膝を痛め、そのまま担架でピッチ外へ運ばれていた。

 クラブの発表では、全治約8~10週間の見込み。今季開幕から5試合未勝利のチームにとっても、大きな痛手となった。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング