「タクミはスーパーな男」 リバプールのクロップ監督、全2ゴール記録の南野を称賛

クロップ監督が2ゴールの南野拓実を称賛【写真:Getty Images】
クロップ監督が2ゴールの南野拓実を称賛【写真:Getty Images】

FAカップベスト8進出、優勝したリーグカップでの活躍を指揮官も評価

 イングランド1部リバプールは、3月2日に行われたFAカップ5回戦のノリッジ・シティ戦に2-1で勝利した。試合後のインタビューでユルゲン・クロップ監督は、2ゴールを挙げた日本代表MF南野拓実を称賛している。英公共放送「BBC」が報じた。

 南野は前半27分、DFコスタス・ツィミカスが左サイドから折り返したボールを収めたFWディボック・オリギからのパスを受け、右足で先制ゴールを記録。さらに同39分には、コーナーキック(CK)を相手DFがヘディングして流れたボールをトラップし、再び右足でゴールに突き刺した。

 2月27日にリーグカップ決勝のチェルシー戦(0-0PK11-10)を戦い、先発10人を入れ替えたなかで、見事に結果を残して、自身の価値を示した。

 リーグカップ決勝では、同大会でチーム最多4得点を挙げていた南野を起用しなかったクロップ監督だが、「私は驚いていないよ。タクミは素晴らしい選手だ。この試合は彼にとって、私たちのチームでの最高の試合だった。スーパーな試合をして、継続的に脅威になっていた。ピッチは非常に風が強く、ハイボールの処理が難しいが、彼はとても上手くやっていた。彼が印象に残る活躍をしたことが嬉しいよ」と、この日のプレーを称えた。

 また、南野がチームで果たしている役割についても言及している。

「彼がいなければ、私たちは準々決勝に進出していない。彼がいなければ、私たちはリーグカップの決勝にも進出していない。スーパーな男だよ」

 与えられたチャンスで、しっかりと結果を残した南野。冬の移籍市場ではコロンビア代表FWルイス・ディアスも加入し、ポジション争いは熾烈を極めるが、この日の活躍は、そこに割って入る足がかりとなるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング