「素晴らしい瞬間」 リバプール南野、優勝トロフィーを掲げる姿にファンも感動「報われてよかった」

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプールはリーグ杯決勝でチェルシー相手にPK戦の末勝利

 イングランド1部のリバプールは現地時間2月27日に行われたリーグカップ決勝戦でチェルシーと対戦し、PK戦の末優勝を果たした。出番のなかった日本代表MF南野拓実が、優勝トロフィーを掲げる動画が反響を呼んでいる。

 試合は両者多くチャンスを作るもビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入などにより、ゴールを奪うことができずに90分を終える。延長戦に入っても両者譲らずにPK戦に突入。リバプールの先攻で行われたPKは、互いに10人ずつが成功させ、GK同士が蹴ることに。ケビン・ケレハーが成功させたリバプールに対し、チェルシーはケパ・アリサバラガがゴール上へと外しリバプールが10年ぶりにリーグカップを制した。

 そんななか、優勝セレモニー後、リバプールの選手たちがトロフィーを持ちスタジアムに駆け付けたファンの元へ。南野はDFコスタス・ツィミカスからトロフィーを渡されると、スタンドの方へ行きトロフィーを高く掲げた。この際、DFフィルジル・ファン・ダイク、MFジョーダン・ヘンダーソン、MFファビーニョらがスタンドを煽り、盛り上がりを見せた。

 リバプール公式ツイッターは、今大会で5試合4ゴール1アシストとチームの決勝進出に大きく貢献した南野に対し、「このリーグ杯の旅で欠かせなかった人。南野の素晴らしい瞬間」と綴り、動画を投稿。ファンからは「タキが報われてよかった」「感動」「南野のおかげ」「おめでとう」といったさまざまな称賛のコメントが寄せられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング