「なんてこった」 アーセナルDFの唖然ミスから失点に英反響「酔っ払っていたに違いない」

アーセナルDFガブリエウ【写真:Getty Images】
アーセナルDFガブリエウ【写真:Getty Images】

ウォルバーハンプトン戦で2-1勝利、先制点献上シーンに英注目

 イングランド1部アーセナルは現地時間2月24日のプレミアリーグ第20節でウォルバーハンプトンと対戦し、ホームで2-1と逆転勝利を収めた。この試合で先制点を献上するきっかけとなったブラジル代表DFガブリエウ・マガリャンイスのプレーに注目が集まり、現地メディアは「酔っ払っていたに違いない」と伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 負傷明けで前節ベンチ入りした日本代表DF冨安健洋はベンチ外となったなか、アーセナルは右サイドバックにポルトガル人DFセドリック・ソアレスを起用。スコアが動いたのは前半10分だった。

 前線からのプレッシングを受けたアーセナルは、DFガブリエウがイングランド代表GKアーロン・ラムズデールへのバックパスを試みる。しかし、このパスがずれてしまい、相手の韓国代表FWファン・ヒチャンにボールを奪われると、ラムズデールが飛び出して無人となっていたゴールに難なく流し込まれて先制点を献上した。思わぬプレーにガブリエルも頭を抱えて唖然とした様子を見せている。

 英紙「デイリー・スター」は「アーセナルのDFガブリエウは、ラムズデールへのバックパスが原因で、エミレーツでの試合開始早々にリードを許してしまい、忘れられない瞬間となった」と報道。また「なんてこった」「酔っ払っていたに違いない」とファンの反応も合わせて紹介している。

 その後、試合は後半37分にコートジボワール代表FWニコラ・ペペ、同アディショナルタイムにフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの連続ゴールでアーセナルが劇的な形で逆転し、最終的に2-1と勝利。記事では「ウルブズ戦でのガブリエウのミスを、誰もすぐに忘れることはないだろう」と言及していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング