Jリーグ「G大阪×鹿島」物議のジャッジ、海外メディアが注目 「日本人に悪意がないと誰が言った?」

鹿島戦で退場処分となったFWパトリック(写真は昨季のもの)【写真:Getty Images】
鹿島戦で退場処分となったFWパトリック(写真は昨季のもの)【写真:Getty Images】

G大阪FWパトリックと鹿島FW鈴木優磨のやり合いシーンへブラジルメディアが言及

 2月19日のJ1リーグ開幕戦・ガンバ大阪対鹿島アントラーズの一戦で、G大阪のブラジル人FWパトリックが一発退場となったジャッジが議論を巻き起こしたなか、海外メディアが鹿島FW鈴木優磨とのやり合いシーンへ注目。パトリックともつれ合った場面における鈴木の振る舞いへ言及している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 G大阪のホームゲームとして行われた一戦は、鹿島がFW上田綺世の2ゴール、シント=トロイデン(ベルギー)から新加入した鈴木の1ゴールで3-1の勝利を飾った。そんななか、前半38分に問題のシーンが起きる。

 自陣でのクリアボールに反応したパトリックが身体を入れてボールをキープしようとした際、後方から鈴木がスライディングタックル。パトリックが体勢を崩しながらも次のプレーへ移行しようとすると、鈴木が右手でパトリックの左足を抱える形となる。そこで鈴木を振りほどこうとしたパトリックの腕が鈴木を直撃した。

 これが危険行為と見なされて主審がパトリックへレッドカードを提示。問題のシーンを振り返ると、鈴木が右手でパトリックの左足を抱える形となっていたことから、このジャッジを疑問視する声が続出し、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の運用法を含めた議論へと発展した。

 ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は、物議となったやり合いシーンへ注目。「日本人に悪意がないなんて誰が言った?」と見出しを打ち、パトリックともつれ合った場面における鈴木の振る舞いへ言及している。

「鈴木優磨とのボールをめぐる争いで、フォワードのパトリックがグラウンドに倒れ込み、攻撃的行為として一発退場させられた。しかし、リプレーを見ると、このブラジル人選手は鈴木の顔には近づいてもおらず、実際には鈴木が攻撃されたふりをしていたことが明らかになった。VARは反応せず、試合を続行させた」

 問題のシーンで、鈴木を振りほどこうとしたパトリックの左手は、鈴木の胸付近へ直撃。その威力の程度は第三者からは計り知れないが、「グローボ・エスポルチ」は鈴木の“オーバーリアクション”がパトリックを退場へ導いたと見ているようだ。

 この一件を巡っては、パトリックへ提示されたレッドカードが妥当だったのかを含め、判定を見直すべきとの意見も噴出。リーグ側が一連のシーンをどう判断し、どう処分を下すのか。今後の動向に注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング