鈴木優磨とやり合い一発退場のG大阪パトリック、SNSで日本語の謝罪「お詫び申し上げます。ごめんなさい」

G大阪ブラジル人FWパトリック(写真は昨季のもの)【写真:Getty Images】
G大阪ブラジル人FWパトリック(写真は昨季のもの)【写真:Getty Images】

鹿島FW鈴木優磨を振りほどこうとしてレッドカード

 ガンバ大阪は2月19日のJ1リーグ開幕戦で鹿島アントラーズと対戦し、ホームで1-3と敗れた。前半38分にレッドカードで退場したG大阪のブラジル人FWパトリックが自身のSNSを更新し、日本語で謝罪メッセージを発信している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合は前半20分、鹿島FW上田綺世のゴールで鹿島が先制。直後の同26分、MF小野瀬康介の鮮やかな一撃でG大阪が追い付くも、同30分にG大阪守備陣のミスを突かれて鹿島FW鈴木優磨に勝ち越しゴールを奪われた。

 そのなかで迎えた前半38分、パトリックは鈴木のスライディングタックルを受けて体勢を崩し、両手をピッチにつく。そのまま立ち上がってプレーを続行しようとしたパトリックに対して、鈴木が左足を抱えるような形となり、鈴木を振りほどこうとしたパトリックの行為を受けて、主審はレッドカードを提示。直後にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で検証されたものの判定は覆らなかった。

 一発退場に頭を抱え、悔しさを滲ませながらピッチを後にしたパトリック。試合当日の夜に自身のツイッターを更新し、日本語で「みんなに迷惑をかけてしまった事をお詫び申し上げます。チームを苦しめる事は決してしません。僕は下を向かずチームとみんなの為に、チームをいつも応援してくださっているファンのために戦います! もう一度ごめんなさい!」と謝罪メッセージを発信している。

 パトリックの退場で数的不利となったG大阪は劣勢を強いられ、後半21分に上田の2ゴール目が生まれ、鹿島に1-3と敗れた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング