神戸エースFW大迫勇也、新体制の名古屋を警戒 「全ポジションを注意しないと」

昨夏から神戸に加入したFW大迫勇也【写真:井上智博】
昨夏から神戸に加入したFW大迫勇也【写真:井上智博】

J1リーグ“優勝候補”の神戸、開幕戦で名古屋と激突

 ヴィッセル神戸の日本代表FW大迫勇也は、2月15日にオンラインで開催された2022年シーズンのJリーグ開幕カード記者会見に出席し「1人1人がチームが勝つために犠牲を払えるか」と、シーズンへのポイントを話した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 神戸は昨夏、大迫に加えて日本代表FW武藤嘉紀も欧州からJリーグに復帰。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを中心とした陣容に強力なアタッカーが加わり、リーグ戦で3位に入った。そして、このプレシーズンにはDF槙野智章、MF扇原貴宏といった日本代表歴のある選手も補強した。

 大迫自身はシーズンのスタートに日本代表活動が入り、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合にも出場。そのことで「キャンプに参加はできなかった」という実情はあるが、新加入選手に対して「僕はある程度(新加入選手を)知っていたし、プレーしたこともあるので問題ないと思う。代表で2試合できたので、コンディションという意味でも良かったと思う。特徴を持った選手が入ってきてくれたので、神戸でそれを出してほしい。試合の中で自分の思ったことにチャレンジしてほしい」と話している。

 開幕戦では名古屋グランパスと対戦する。名古屋から会見に参加した元日本代表FW柿谷曜一朗を「昔から有名な選手で、天才。僕はずっと追いかけてきた立場だった」と話し、長谷川健太監督が就任したチームを「どういうサッカーをするか分からない部分もある。個々の選手も名古屋は揃っている。全ポジションを注意しないといけない」と話す。一方で、まず大事にするのは自分たちのことだと話している。

「1試合、1試合の積み重ねだと思うので、勝ち点を重ねられるように。1人1人がチームが勝つために犠牲を払えるかが大事だと思っている。主導権を握りながら、常にゴールを奪えるよう脅威を与えることを意識している。開幕戦なので勝って勢いをつけられるように。大事な試合だと思うので良い準備をしたい」

 各ポジションに代表クラスの選手が並び、今季の優勝候補の一角にも挙げられる神戸だが、大迫が話すチームとしてのまとまりが発揮されるかどうか。個々に注目を集める選手の多いスター軍団の開幕戦が注目される。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング