レアル中井卓大、勝利を決定づける“テクニシャン弾”に称賛 「技あり」「ゴラッソ」

レアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大【写真:松岡健三郎】
レアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大【写真:松岡健三郎】

途中出場したフベニールAのアルコルコン戦で後半44分にゴール

 スペインの名門レアル・マドリードの下部組織フベニールA(U-19相当)は、2月13日に行われたリーグ第20節アルコルコン戦に2-0で勝利した。途中出場した18歳のMF中井卓大は、ダメ押しの2点目を奪い、「技ありゴール」といった声が上がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

“ピピ”の愛称で知られる中井は、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で最多13回の優勝を誇る“白い巨人”の下部組織に9歳から加入。インファンティールA(U-14相当)、カデーテB(U-15相当)、カデーテA(U-16相当)、フベニールC(U-17相当)と順調に階段を上り、昨季はフベニールB(U-18相当)、そして今季はフベニールA(U-19相当)に昇格した。

 2月13日のアルコルコン戦は、後半22分から中盤の一角で途中出場。1-0で迎えた後半44分、レアルが左サイドから敵陣ペナルティーエリア内に攻め込むと、相手のクリアボールを拾った中井がドリブルから切り返して右足でシュート。左45度から放たれたシュートは、ワンバウンドして鮮やかにゴール右隅に吸い込まれた。フベニールAは2-0で勝利し、15勝目を挙げている。

 レアルアカデミーの情報を発信している「Real Madrid Fabrica」公式ツイッターは、ゴールシーンの動画を公開するとともに、「難敵相手に重要な勝利」と結果を速報。コメント欄には「技ありゴール」「ゴラッソ」「ごつくなった」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング