スコットランドのパブ、日本国旗を撤去? 「異様なクレーム」でSNSへ非難と現地報道

日本国旗を掲げるセルティックサポーター【写真:Getty Images】
日本国旗を掲げるセルティックサポーター【写真:Getty Images】

英国人戦没者に対する「侮辱」との非難を受け、店側が撤去決断

 スコットランドの名門セルティックは今冬の移籍市場で日本代表FW前田大然、FW旗手怜央、MF井手口陽介の3人を一挙に獲得。昨夏に加入したFW古橋亨梧を含め、日本人選手が4人在籍する状況となっているなか、スコットランドのパブにおいて日本国旗を撤去させられる事態に発展したと、現地メディアが報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 スコットランド紙「デイリー・レコード」は「スコットランドのパブ、異様なクレームでセルティックの古橋亨梧の日本国旗を撤去させられる」と見出しを打ち報道。同国のパブ「The Cross Keys」は昨夏の加入以降、公式戦26試合で16得点をマークする古橋の活躍ぶりを受けて、店の外に日本国旗を掲出したが、第2次世界大戦で日本軍と戦い亡くなった英国人戦没者に対する「侮辱」だとする人たちから、ソーシャルメディア上で非難を浴びることになったという。

 店側は「我々は、スコットランドに新しくやってきた人たちを歓迎しようとした。日本の旗が反英国的な感情を表す行為であると示唆することは、おかしいとしか言いようがありません」と声明を発表。セルティックファンに人気のあるこのパブは、ネット上の批判を理由に「恐怖や脅迫」によって国旗を撤去することはないと主張していたが、国旗を撤去することを行政側へ伝えたといい、騒動を受けて苦渋の決断を下したようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング