リバプール南野は「チャンスを逃した」 序列争いの現状へ英見解「次の先発はいつなのか」

リバプールMF南野拓実【写真:AP】
リバプールMF南野拓実【写真:AP】

FAカップカーディフ戦で今季7ゴール目も、全体的なパフォーマンスへ現地メディアが厳しい指摘

 イングランド1部リバプールの日本代表FW南野拓実は、現地時間2月6日に行われたFAカップ(FA杯)4回戦・英2部のカーディフ・シティ戦(3-1)でスタメン出場。今季公式戦7ゴール目を決めたものの、現地メディアは「全体的な貢献度はいまひとつだった」と評し、序列アップの「チャンスを逃してしまった」と厳しく指摘している。

 日本代表への招集から帰還した南野は、FA杯カーディフ戦で4-3-3システムの右ウイングで先発に名を連ね、リバプール加入後、50試合目となる節目のゲームを迎えた。国内カップ戦ではここまで7試合5ゴールと結果を残しているなか、カーディフ戦の後半23分、新加入FWルイス・ディアスからのパスにエリア内で反応し、チームの2点目をもたらした。

 今季公式戦7ゴール目を奪った南野に対し、リバプール専門メディア「THIS IS ANFIELD」の選手採点では、チーム最高タイの「8点」評価。ユルゲン・クロップ監督は試合後、「本当に良い時を過ごしている。今日は本当にいいプレーをし、素晴らしいゴールを決めてくれた」と賛辞を送った。

 一方で、全体的なパフォーマンスに対しては厳しい見解も出ている。英地元紙「リバプール・エコー」は「タクミ・ミナミノは得点を決めたが、全体的な貢献度はいまひとつだった」と指摘。右ウイングで出番を得たなか、前半34分にはFWディオゴ・ジョッタとのパス交換からペナルティーエリア右を突破し、MFカーティス・ジョーンズの決定機を導くラストパスを送ったシーンこそあったものの、味方との連係から脅威を示せたシーンは限られた。

 記事では「右サイドで効果的なプレーができず、ポジションを下げ、中央に寄りすぎてしまった」と綴られ、全体的なパフォーマンスへの物足りなさを指摘。FWサディオ・マネ、FWモハメド・サラーの主力2人がアフリカネーションズカップで不在だった間、南野にとっては序列アップへのアピール機会となっていたが「この数週間は、輝く時間となるはずだった。しかし、実際はチャンスを逃してしまった」との見解を示している。

 アフリカネーションズカップはセネガルの初優勝で幕を閉じ、いよいよマネとサラーはリバプールへ帰還する。今冬には前線の即戦力としてコロンビア代表FWディアスが加わっており、競争は熾烈を極める。1月の移籍が囁かれたものの、リバプール残留を決断した南野に対して、「リバプール・エコー」紙は「これだけ競争が激しいと、次の先発はいつになのか気になるところだ」と懸念を示されているなか、クラブ内での立ち位置をいかに挽回できるかに注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング